先週の土曜日、病院から帰ってきてから、妙に元気なB.C.。
でも正直な話、ちょっと元気すぎて、かあちゃんは不安にな
っているのであった。

昨日、おとといと、夜も昼もあまりにも寝ないです・・・。
徹夜仕事の私につられて起きているのかと思って、B.C.が
いる部屋の電気を消して、音もしないように静かに仕事をし
ていても、ゴソゴソ・・・「わぁ~ぉん!」と鳴きながら、そばに
来てしまう始末。そのたび、仕事を中断し、ちょいと遊んで、
頼むから寝てね、と部屋に連れて行っても、寝ない・・・。
昼間寝ているかと思うと、徹夜明けで3時間ぐらい仮眠を
取った私よりも早く起きて、日向ぼっこしながらも目はキラリ!

で、やたら部屋をウロウロ・・・。
でもって、以前はそんなことはあまりなかったのに、やたら
甘えるわけです。
特に、PCでパチパチ、キーボードを打っていると、イスの下に
来て、「抱っこしちくれーーーー!」と鳴き、抱っこすると、絶対
降りないぞ!って感じで、激しくゴロゴロ・・・。
「仕事になんないんで、かあちゃんそろそろ下ろすよぉ」と下ろし
ても、また、30分ぐらい経つと、「抱っこしちくれーーー!」と・・・。
B.C.は、甘えべたな性質で、以前は抱っこしてゴロゴロを長
時間なんてことはほとんどなかった・・・・。

なんだか、おかしい! 傍からはわからないかもしれないが、
かあちゃんにはなんか違和感があるんだけどなぁ。

食欲もあるし、ゲポもなく、ちっこもうんこもちゃんと出ている
んだけど・・・。ちょっと食いすぎな気もするし、水を飲む量が
多い気もするけど、目が悪くなる前はこれぐらい飲んでいた
気もするし・・・。
と、いろんなことがグルグル・・・。
一晩考え、今日仕事(GW中なのに仕事っすT~T)が終わり、
帰宅してから、動物病院に思い切って電話してみることに。
でも、元気だからどう表現していいかわからない・・・。

電話をしたら、GWで診療時間が短かったみたいだったが、
まだ在院していた院長先生。

「あのぉ、食欲もあるし、吐いたりしてないし、尿も便もきちん
としているんですが、月曜日から気づくと寝てなくて・・・。
部屋中をウロウロ歩き回るし、やたら甘えるんですよ・・・。
こういうと"元気"って感じがしちゃうと思うんですが、なんか
違和感で・・・。うまく言えないんだけど、おかしい気がして」
と私のよくわからない説明をウン、ウンと聞いてくれる先生。

「土曜日の検査の結果がよかったのと血圧が安定している
から動けるようになったんだと思うんですが、不安材料が
あるんですよね?」と先生。

「すいません、素人の浅知恵なんですが、仕事柄いろいろ
調べていたら、甲状腺のトラブルが当てはまるような気が
してしまい・・・。ホルモン検査をしたほうがいいかなぁ、と
思ったりして・・・」と不安要因を口にしてしまった私・・・。

「年齢的に高齢の猫はかかることが多い病気です。診察した
感じだと大丈夫そうな気もしますが、甲状腺のトラブルは、
腎臓と心臓や血圧にトラブルが出ることは多いのは事実
です。小さな不安は、どんな状態であっても不安なものです。
年齢的に小さな不安も見逃さないことは大事ですからね。
こういう電話は診療時間外でもドンドンかけてきてください^^」
と院長先生・・・・。

元気なのに電話かけてきて!なんて思われたら、どうしよう・・・、
とちょっとひおっていたかあちゃんでしたが、院長先生は
ちゃんと聞いてくれてよかったです^^

とりあえず、GW中、私の仕事と病院の都合が合わなかった
ので、GW明けに血液検査とホルモン検査をすることにし
ました。新たなる病気が増えないことを祈るのみです^人^
c0134727_23244411.jpg
↑こんな感じで、PCを打っていると、太ももにアゴを乗せて
「抱っこしてけろ~ぉぉ!」と鳴くB.C.
かわいいんだけど、今までのキャラと違ってかあちゃんは心配なのぉ^^;

かぁちゃんの心配が効いたのか、今は寝ています・・・。
しっーーーーーーーっ・・・・・・・・・・・・。

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-29 23:27
久々にニュースを見て、涙が出た。
大阪の松本聖香ちゃんの事件で、聖香ちゃんは、
ベランダで死亡する直前、激しい喘息の発作を
起こしていたらしい……。
私も小学3年までひどい小児喘息患っていたので
あのつらさを思うと、いたたまれない。
寒いベランダで助けを求めても許してもらえず、
激しい喘息の発作が起きても吸入器も与えられず、
母親に抱きしめてももらえない・・・。

なんだかとっても悲しい。

B.C.が小さなくしゃみをすれば風邪じゃないかと気に
かかり、ごはんを1gでも多く食べてほしいと毎日願うのに。
自分が産んだ子供じゃなくてもこんなにも気になるのに。
blogの猫友さんたちだって、日々、大切な者のために
ちょっとしたことでも、一喜一憂しちゃうというのに。


なんだかとっても悲しい…ね。

c0134727_15222043.jpg
B.C.といっしょに、西の空に向かって合掌……。
by boochikurin | 2009-04-28 15:23
巷では、豚インフルエンザで大騒ぎになっておりますが、
私も土曜日の深夜から昨日まで発熱中でした^^;
雨の中、B.C.を病院に連れて行き、いい知らせに浮かれ
て、雨に濡れたのも忘れて放っておいたら夜中からゾクゾク。
最近、気温の寒暖差が激しいから気をつけねば^^

さて、B.C.ですが、不調なかあちゃんをよそに、イスだけでな
く、昨晩はマッサージチェアの背もたれの上(地上から約1m)
まで飛び乗ることができました^^
しかし、B.C.の視野では下界は見えないらしく、15cmの段差
を降りるように、1mの高さも降りようとするので、もうハラハラ
ドキドキの連続!!! 熱にうなされて寝ている場合ではない
かあちゃんなのでした(汗)。

少し視野が広がったのがうれしいのか、元気になったのか、
以前よりも睡眠時間が少なくなって、やたら家中をウロウロと
散歩しまくるB.C.。そして、「にゃーー!」ではなく「あ"ぁ"~が!」
と鳴いて、かあちゃんに「遊べ」とか「なでろ」とか「抱っこしろ」
と連続要求。その要求が間違っていたりすると、シッポをブンブン
振って「あ"がに"ぃぃ~!」と不満鳴き。昨日から、この不満鳴きを
連発される始末・・・。
「なんか、あんたデヴィ夫人みたいよぉ~、ブツブツ言ってばっ
かりじゃぁ!」 と言うと、また「あ"がに"ぃぃ~!」」とシッポブンブン!

まぁ、これが元気になってきた証というものなのでしょう^^;
1ヶ月前には、不満を言うこともできないぐらいグッタリしていた
のですから^^
不満=自己主張なわけで、B.C.も自己主張はできる余裕が
出てきたのかもしれません^^
これからは、かあちゃんの威厳はまったくなくなり、より"しもべ"
な日々に変わっていくのだろうなぁ~トホホホ・・・^^;
c0134727_15112225.jpg

新しいおもちゃにの振り方が悪い! と愚痴られておりまふ^^;

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-27 15:14
さっき病院から帰宅。
B.C.先生、今日はよーーーーーく、がんばってくれました!
だって、院長先生との接近戦に40分ぐらい耐えてくれたのだから^^
B.C.の目の検査は、細かく診てもらうときは、院長先生とB.C.の
目の距離約5㎜!!!!!ってぐらい近づきます。
怖がりのB.C.は、暴れることも鳴くことも忘れ、石のように固まる
ばかり・・・。看護士さんに「B.C.ちゃんはいい子だね~。他の子
はこんなに長く見せてくれないんだよぉ」と言われるのですが、
いえいえ、いい子じゃなくて固まっているだけですから・・・(滝汗)、
と、そのたび言い返す母なのでした^^;

で、今日、ACE阻害薬をさらに増やそうか、という案が出てしまい
ました。でも、直感的にそれは賛同できぬ気がして、「これ以上
増やさなきゃいけないのはなぜですか? 調子は徐々によくなって
いる気がするんですが・・・」と母もちょっとだけガォーを吠えてみ
ました。
院長先生は「もちろん、今日の様子を含めてすぐにってことじゃ
ないから。動物病院だってOD(オーバードーズ)は避けたいから
ね。慎重に判断しましょう」ということで、じっくり体調&目を診ても
らうことにしました。

で、院長先生と接近戦しばし・・・。B.C.の眼底を診ていた院長先生
が、「あれれ? ほぉぉぉ~」とたびたび声を発するわけです。
過去の眼底のデータと照らし合わせながら、感慨深げにふたたぶ
B.C.の眼底をチェック。
「2週間前に少しだけACE阻害薬を増やしたのが効いているのか、
眼底出血の範囲が非常に狭くなっています。さらに、驚くことに、
剥離した網膜の範囲も小さくなっていますね。網膜剥離初診時より
もかなりよくなっていますね」
「先生!! それって見えるってことですか?」
とあわてて聞く私。
「以前よりは視野も少しだけ回復すると思います。前と同じように
見えるわけではないですが、以前よりは少しだけ見える範囲も
広がる可能性がありますね」
とのこと!!!!!!

おおぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!
劇的に治ることはないようですが、小さな1歩。大事な1歩です^^

最近、以前のようにダッシュしようとして、怖くなって急停止したり
するのも少し見えてきたから、動きたくてうずうずしている証拠なの
かもしれません^^

目の調子がいいということで、ACE阻害薬もこれ以上増やさず、
今の量を維持していくことになりました^^
ダブルの小さな1歩です^^

体重は、思った以上増えていなくて、80gUP。でも、80gでも◎!

さらに、病院から戻っても仏頂面はしているけど、前ほどドキドキ
したり、怒ったりしていないってことも小さな1歩!
かあちゃんよりもB.C.のほうが、病院をしっかり受け入れ出したの
かもしれないね^^ これは小さくなくて大きな1歩かな^^

しばらくは、ACE阻害薬+週1・皮下点滴+治療食でがんばります^^/
c0134727_19475117.jpg

↑皮下点滴で、腕が超人ハルクのようになってしまったB.C.^^;
c0134727_19483593.jpg

この瞳でまだまだいろんなものがみえますよーーーーうに^^

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-25 19:47
B.C.の食がメチャメチャ落ちたときにちょっと試して、効果が
あったごはん法を覚書することにします^^
でも、あくまでもこれは、B.C.が、食べてくれた、ということで
あり、他の猫ちゃんの嗜好などもあると思うので、これで食べ
てくれるとは言い切れないかもしれません^^;

ただ、お年寄りにゃんこ(B.C.は年寄りになる前、7歳ぐらい
で、生まれつき歯並びが悪く、歯石取りをしたら歯がほとんど
なくなってしまいましたT~T)は、歯や胃腸が弱かったり、食欲
がないときにはズルズルっとした液体状のものを欲することが
わかりました。
食べるというよりも、「舐める」という感じでしか元気がないとき
は食べられないのだなぁ、と実感したのです。

色々試行錯誤して、比較的食べてくれるカリカリをお湯でふや
かして、ペイスト状に引き伸ばして、さらにお湯を足してスープ
状にするとか・・・。ペイスト状のヒルズのチキン味のk/d缶に
シニア用のスープ系パウチ(祖たんぱく質が低いもの厳選)を
混ぜてさらにお湯を足すとか(塩分が怖くて・・・)と色々やって
みましたが、食べないときは食べませんでした(涙)。

でも唯一、食が進んでくれたのが、チキンスープストックや
天然だしのスープとの掛け合わせでした。
本来は、自家製で骨付きチキンを買ってきて、チキンスープ
ストックを作るのが理想なのでしょうが、いかんせん横着モノ^^;
かつおぶしと昆布のだしだけは自力で取ったりしていましたが、
鳥のだしは時間がかかるので、市販のものを流用していました。

以前、料理好きの友人に、「これでポトフ作るのおいしいよん」
と教えてもらったスープストック・・・。正直、これをB.C.に
使うのは金額的にもちょっと躊躇したのですが、人間にウマイ
ものはB.C.にもウマイに違いない!ってことで、日本スープ
の"丸とりだし"
を使いました。もちろん、全部B.C.ではなく、
私のポトフの残りをB.C.にという感覚です^^;

この"丸とりだし"は基本的に塩分が入っていません。
正確に言うと、酵母エキスが少し入っていて、酵母を作るとき
に若干の食塩を要するようなので、パーフェクトな無塩という
わけではないのかもしれませんが、自分が食してみた感じだ
と塩分は感じませんでした。
ただストレートだと心配なので、これを5~6倍に薄めて、
ニオイだけチキン的な感じであげました。
このメーカー以外にも、精肉売り場に行くと(基本的に要
冷蔵が多いので精肉売り場に多いようです)、袋に入った
液体のチキンストックスープが色々置いてあります。
このメーカー以外のものでも、無塩なものは意外とありました。
あとは、いかにいい素材を使っているか、とか金額との
折り合いになると思います。
まぁ、余ったり、猫が好まなかったとしたら、人間が食べて
しまえるので、負担としてはラクだと思います。
この"丸とりだし"はとりあえず、素材にこだわっていて、
オーガニックなお店でも置いてあるので、これにした感じ。
スープの濃さなども猫ちゃんの好みだと思うので、その
あたりはフレキシブルでいいかと^^

最近、B.C.がよく食べてくれるパターンは、ロイカナの
腎臓病用のフィッシュパウチの上から、魚ベースのだし
スープを薄っすらとふりかけます。
ちょっと前まで、試食して塩分が少なめ、と感じるかつお
節をすこーーーーーしだけふりかけていたのですが、
それでも塩分は多いんじゃないかと思い、だしとかつお
節まんまと試食して塩分を比較したら、だしのほうが
塩気を感じなかったので、これも薄めたものをスプーン
で餌の上からかけて香りづけしています。
面倒なので、食塩・化学調味料無添加を売りにしている
天然だしパック(無漂白のティパッグに煮干・かつお節・
昆布・しいたけの粉が入っている)を使用しています^^

だしは温かいと香り立つので、そのときにすっとかけて
あげると、まんまとだまされて食べます^^ヒヒヒ

このだしパックも残ったら、私のお味噌汁のだしになって
います^^

そんな感じで我が家は、手作りとはいえないかなり
適当なものですが、いっしょに食べられるものが多い
のは、食べてくれなくてつらいときにも楽しくなるような
気がします^^

ナチュラルハウスとかオーガニックのお店などに行くと
無塩系や無添加系も多いので、お勧めかもしれません^^

おっとっと^^
16時から病院なのでこれから行って来ます~。
c0134727_15373556.jpg

↑目の下がハゲちゃったので、これも診てもらわなきゃ・・・。
これからキャリーバッグに入れるために・・・戦争です・・・・・。

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-25 15:41
人間も歳を取ると子供に帰る、というけれど、
B.C.も歳を取るにしたがって子供帰りしている気がする。

最近妙に多いのが、イスに座って仕事をしている私の
ところに来て、背伸びをしながら、私の腰をトントンと手で
叩いて呼ぶ。「なんじゃね? B.C.先生?」とたずねると
目を細めて、声に出さずに鳴く・・・。
きゃーーー、萌え萌えです!!!
親大バカ過ぎてすいません^^;
でも、昔からこの猫の「口は開いているのに、声に出さずに
鳴く」って行為に、どっきゅん!!!!!!!なのです。
どうも甘えモードのときに多い模様。
もっとやってもっとやって、とやたら呼びかけてしまいます^^;

最近、B.C.はこの「声なし鳴き」が増えているのですが、1点
困ったことが・・・・。
夜の薬タイムとこの「声なし鳴き」がかぶることが多くて・・・^^;
そろそろ薬やらなくちゃなぁ・・・と思っていると、スリスリっと
近寄ってきて、「声なし鳴き」・・・・。
あぁぁぁ、かわいすぎて、イヤな薬を飲ませるのに躊躇して
しまう・・・T~T
と、今夜も甘えて擦り寄ってきたところを羽交い絞めにして、
薬を飲ますわたし・・・。
最近、薬を飲んだ後、悲しくため息を漏らすB.C.・・・。

ごめんよぉぉぉ、といいつつ、今夜も口に薬を放り込む鬼母。
c0134727_2241157.jpg

↑これも萌えポーズのひとつ^^;
別に寝てもいいのに、なぜか寝るのを我慢して傍らにいる
B.C.・・・^^; 眠くてウツラウツラしているのに、寝ちゃいそう
になるとがんばって起きている姿、かあちゃん萌えますっ!

今日は、最近好調のロイヤルパウチを1/4残してしまった。
ネフガードを混ぜると最近残しがち・・・。今後の課題。
でも、うんこ、ちっこも好調。ゲポなし。

明日は、久々の病院。元気そうだけど、皮下点滴を定期的
にしたほうがいいというので、とりあえず、行って、目も診て
もらってきまふ。

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-24 22:43
仕事仲間や友達には、B.C.の網膜剥離や腎不全のことはあまり
言っていない。だって、心配しちゃうから^^
でも、不思議とネコと同居している友達から「そういえば、B.C.は
元気なの?」なんて、急に電話やメールがきたりして、エスパー
のようにB.C.の不調をキャッチして連絡をくれる。
本当にありがたいね。

そういえば、B.C.の姐のA.P.が亡くなったときにも、誰に告知した
わけでもないのに、夕方には昼過ぎからワラワラとネコ友が集まり
出して、夜にはちょっとしたパーチーぐらいネコ友が集まってくれ
たっけ。自然発生的に無意識の中でできたネコ友ネットワークが
何気に連絡網で回してくれた結果だったらしい。
本当にありがたいね。

昨日も麻布在住のイケメン(古いか^^;)猫・G王子の女執事の
Mさんから「B.C.ちゃんにお気に召すかわかりませんが、なんでも、
ゆっくり動くおもちゃらしいです。高齢ネコちゃんでも楽しめるという
ふれこみなのです・・・」というお手紙ともに、キャットニップ入りの
おもちゃが郵送で届いた。
なんだか、本当にありがたいね。
c0134727_2231017.jpg

おかげさまで、B.C.は遊んでいます^^
見えているか謎ですが、ねずみ君とにらめっこしていまふ^^;

こうやって自然発生的ネコ友ネットワークやblogで知り合った
ネコ友さんたちのコメントが、本当にありがたい。
これならひとりっ子なのも気にならないね、とB.C.と語り合う午後^^
c0134727_2264684.jpg

そして、今日もおかげさまで元気です^^
イスにも手探り状態ですが、自分でジャンプして乗れるようになりました^^
ご飯もロイヤルパウチに変えてから絶好調だし、ゲポもなし。
ウンコもたんまり^^ 体重も徐々に元に戻しつつあります。
なんだか、色々、本当にありがたいね。

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-23 22:12
今日は朝から、北海道で地震があって、夜には宮城、
その後は愛媛や高知でも地震があったそうな。
そのエリアの方は大丈夫だったでしょうか?

東京からは離れている場所だったのですが、宮城の
地震のときには、B.C.先生ちょっと大騒ぎ。
ご飯タイムにもまだ早いのに、切り株小屋から出てきて、
なんだかにゃーにゃーうるさいうるさい。
「どうしたのか~え??~」と見ていると、耳がV耳状態
(巷では最近、イカ耳とも呼ばれているようですね^^)に。
じーーーーと天井を見るように視線を(見えていないはず)
上に送ったまま1分以上キープ。
「なんだろうね?」と私もじーーーとしていると、なんだか
地面がゆっくりと揺れているような気配。
「あれ?地震?」と思ってTVをつけるが速報はなし。

と思ったら、さらに1分後にTVに地震速報のテロップが!!!
目が悪くなってもB.C.の地震予知能力は衰えておりません
でした^^
でも、予知してくれても私がその意味を汲み取れないから
あんまり意味ないんだけど^^;
他の猫ちゃんも地震予知能力あるのかしらん??
c0134727_21371941.jpg

私の力を見くびるんじゃないわよぉぉぉぉ、のガン飛ばし顔・・・^^

今日は、曇り&雨でなんだかちょっと引きこもり気分の日。
自宅仕事DAYでしたが、PCをオフして難しい資料ばかり読んで
いたら、結局頭に入らず知らぬ間にソファー爆睡していた私^^;
B.C.もそれにつられるように、1日ウトウトモード。
ご飯も昨日の半分しか食べてくれず。でも、ウンコはモリ盛!
あぁ、私は明日までに資料を読解せねば@号泣中

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-21 21:43
B.C.が病気になって、ちょっぴり後悔していることがある。
それは、B.C.に妹弟を作ってあげるべきだったかも、ということ。
介護生活をしていて思うのは、病院に連れて行くとかご飯をあげる
というケアは、私にしかできないけど、B.C.の微妙な気持ちとか
目がよく見えないけどいい感じでかまってあげられるのって、
やっぱり猫同士なのかもなぁ~と思ったりもする。
もちろん、かあちゃんとして介護ビギナーとして試行錯誤中だけど、
かあちゃんがフォローできないところを、妹弟にゃんこがいたら、
フォローしてくれるのかもなぁ、と・・・。

他の闘病にゃんこをケアされているブロガーさんのお宅とかロム
らせていただくと、きょうだいにゃんこたちが、病気のにゃんこに
やさしくケアしているお話をよく目にする。
なんだかとっても微笑ましくて、そういう選択もあったよね・・・と
思ってしまうのでした。

我が家にも14年前までB.C.には、姐猫のA.P.がいた。
c0134727_22373926.jpg

(*B.C.とそっくりな柄ですが、A.P.のほうが大人顔^^;)
亡くなったのは、地下鉄サリン事件の翌日だったので、とっても
よく覚えている。B.C.は2歳半ぐらいの半ちびっ子時代だった。
A.P.とB.C.はとっても仲良しで、完璧にB.C.はA.P.の妹というより
も娘状態だった。急死だったので、途方に暮れるかあちゃんとB.C.。
しばらくして、もうB.C.のために、家族を増やそうか悩んだのだが、
当時から妙に動作も性格もメチャメチャ子供臭かったB.C.。
妹弟ができると、大人っぽくなっちゃうのも寂しいなぁ、という気持ちが
勝ってしまい、ペットショップも我慢、里親話も我慢し続けた14年間
だったのでした・・・。

そんなこともあり、17歳近くなってもかなり子供な性格のB.C.だが、
本当にそれでよかったのかな? B.C.先生?
c0134727_22392438.jpg

と、たずねても、相変わらずの子供顔でポケッとされるだけ^^;
・・・・・まぁ、いっか、夜食にしようね^^

今日も食欲は◎!
でも、ウンコが少なめ。薬を2度ペッして、ちょっとご立腹ぎみ^^;

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-20 22:43
B.C.の介護生活で、この1ヵ月サボリがちになっていた
スポーツクラブ。B.C.の調子もいいので、汗を流してきました^^

スポーツクラブで同じエクササイズクラスに出ているお友達
のMさんのお宅には、去年まで超長寿のニャンコさんがいた。
残念ながら去年の晩秋に亡くなってしまったのだけど、なんと
23歳と10ヶ月まで天寿を全うしたというニャンコ界の金さん
銀さんみたいなおばあちゃんニャンコだったのです。

今日久々に、Mさんにスポーツクラブで会ったら、
「猫ちゃんが大変だったんだって? いくつだっけ?」
と聞かれたので、「もうすぐ17歳だからかなりおばあちゃん
だから、色々悪いところが出てきちゃってね・・・」といつも人
に聞かれるというように話してしまったら、
「17歳なんて、まだまだ! うちの猫だって、16歳ぐらいから
腎臓も悪くなったし、徐々に悪いところも出てきたけど、今か
らだって、きちんと病院でケアしながら、大切に育ててあげれ
ば、長生きする可能性は高いんだから! 
介護もだんだんと、飼い主だけでなく猫もなれてくるから大丈
夫よ。うちの猫も失明してからも長生きしたわよ~」と・・・。

介護暦も7年ぐらいと超ベテラン!
「わからないことがあったら聞いてね」といわれて、なんと心強い!
医者じゃないからエビデンスはないけど、B.C.もきちんとケア
すれば、長生きするかもしれない!  という望みが沸いてき
たのがうれしかったっす^^

それにしても23歳と10ヶ月! 立派だよね^^
友達のUさんちのGちゃんは、今21歳で元気だし。

みんな、みんな、24歳超え目指そうね^^/
c0134727_22242133.jpg

まだまだ背筋が伸びておりますっ!!!、という最近のB.C.
お得意のポーズ^^; 斜頚が治ってから妙にこのポーズが多
いB.C.なぜかしらん????

今日もk/dパウチを1.6個も食べたB.C!!!!!
最近、バカ食いしているのに、体重はなかなか増えないけど。
まぁ、地道にがんばりまふ。

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-04-19 22:25