本当に、猫ってば気まぐれ。
本当に、「あそこ行きたいぃぃ~」っていうから連れてったら「なんだつまんないっ!」
と平然とぬかすわがまま娘のように、気分がコロコロお変わりになるわけで・・・^^;
まぁ、そういうところが、猫好きにはたまらなかったりするんですけどね(笑)。

ってことで、金曜日まで、「なんなわけ!病院に行ってから、妙にゲロマズなごはん
ばっかりで、もう絶対食わないから!!!」のハンストモードだったB.C.先生。
ところが、どうしたことやら、土曜日からバカ食い状態全開♪ 
普通缶と1:1ミックスから始め、徐々に処方食の量をちびっとずつ増やしているの
だが、あげるとすべて完食なり♪ 完全処方食ではないから威張れたもんじゃない
けど、モリモリ食べてくれるのをみるのは、非常にうれしい♪

しかも、なんだか毛づやもよくて、目もキラキラ♪ さらに、今日はかなりアクティビテ
ィも高くて、お得意の"真空状態"暴走も3回。よく寝てよく遊び、さらによく食い、
非常に形がいいウンコもプリッと出してくれて、なんともご機嫌な1日だった。
さっきなんて、まったく見向きもしなかった処方食のドライフードをカジカジポリポリ
していて、ビックリ!!!!! おぉぉぉ!!! 何と言う奇跡!!!!!

まぁ、でもね、猫は気まぐれだから、明日どうなるかなんてわかりません。
明日は、まったく食わなくなるかもしれないし^^;
でも、今日が元気ならそれでいいかな、と。
とにかく、何にもない1日だったけど、B.C.先生がご機嫌で幸せな1日だったなり^^
c0134727_1225265.jpg
気まぐれGAL系ショットなり・・・^^;
by boochikurin | 2008-04-21 01:24 | B.C.
いやいや、"気長に病気とつきあっていこう"なんてポジティブスローガンをたてたものの、やっぱり小さいことを気にしてしまう今日この頃。
寝ていても、具合が悪くないかと気になって、触りまくってすぐに起こしてしまうし・・・^^; ちょっと食べないだけでも気になって、"食え食え!!"と手を変え品を変え、ご飯を盛られる日々・・・。きっと、B.C.先生も気が休まっていないに違いない・・・^^;
言葉がしゃべれないから、どこまで具合が悪いんだかもよくわからなし・・・。
血液検査のデータを観ると、B.C.よりも数値が低いのに、ご飯がまったく食べられなくて、激やせして、週に何度か透析を受けている子もいるみたいだし・・・。調べだすと、"負のネタ"ばかりが目に入って大丈夫か!? 本当に処方食だけで平気なの!? と不安になってしまう。

とりあえず、先日病院で購入した処方食がなくなったので、購入しに行きながら、①次第に食い付きが悪くなってきたこと。②他のえさとの組み合わせ方 ③他の注意点などを改めて先生からうかがってきたけど、うむ・・・。
先生は、「とりあえず、B.C.先生は食欲があって、体重も落ちていないから、体重を落とさないようにしていきましょう。年齢的に体重が落ちると戻りが悪くなるので。処方食にこだわり過ぎてしまうと、体力がなくなってしまうことがあるので、食べないときには他のものを上げてもいいですよ」とアドバイスを。

でも、他のものっていってもね・・・。調べだすと、日本の猫缶は味付けが濃いものが多いらしい。さらに、腎臓病では敵になる、タンパク質も高いものが多い。とりあえず、大型ペットショップ店に行き、味付けが薄いもの、タンパク質率が低いものを30分かけてチョイスして、それを購入。今日は、ヒルズの処方食に高年齢用のスープ仕立てのパウチフードを1:1に混ぜてあげてみることにした。完食とはいかないが、まずまずの食いっぷり。まずは、慣れさせて食が落ちないように気をつけねば!
c0134727_0142918.jpg
汚いですが、右下が混ぜた処方食。ドライの処方フードはあまり食いません・・・。
それにしても、猫の腎臓病は老年の病No.1だから、検索するとネタは本当にたくさんある。読んでいると、これもやるべきかな、あれもやったほうがいい? と思ってしまうけど、まずはB.C.の様子をみながら、先生と相談してやってみようと。ここ1か月の課題としては、処方食でどれだけ値が変化するのをみたいと先生も言っていたし・・・。
それにしても、気になるぞ・・・H40って水。腎臓病末期の猫が生還したなんて聞くと食指ががんがんに動くけど、眉つばの香りもするし・・・。まずは、先生に相談相談!
先生が私好みのイケメン(死語^^;)なのが、唯一の救いでございますよ、B.C.先生^^;
c0134727_0162487.jpg

↑でも、意外とっていうかかなり元気なんですけどね・・・^^;
by boochikurin | 2008-04-19 00:17 | B.C.
初日は治療食バカスカ食ってくれたB.C.先生だったが、やっぱり飽きてきたのか今日はチョボチュボしか食ってくれない・・・。腎臓の治療食を3メーカー4種類購入したのだが、どれもニオイも質感も同じ・・・。ややヒルズのチキン味のk/dは、比較的やわらかくて水分も多めなのだが、他のメーカーは、みんなペースト状でもかなり固め。スプーンでほじってお皿に盛って、食べやすいようにスプーンの背でつぶして伸ばしてあげないと食べづらい様子。
次第に食べなくなったので、上から少しだけ軽いフレーク状のドライチキンを振りかけのように少量トッピング。でも、トッピングされたところだけ食べて、治療食は食べてくれないT~T
ぐすん。さっきは、少し水っぽいヒルズのチキンk/dを固いのに混ぜてあげてみたら、ヒルズのところしか食べない。だったら、ヒルズ@チキンだけにするか、と思ったら、もうヒルズ@チキンも飽きたようで無視・・・。どうしましょ・・・。
全然食べないわけではないので、普通のえさに混ぜてあげてみようかな・・・。
でも、確かに強烈なニオイで、ちょっと同情しちゃう感じ。
さらに、魚系が主食だったB.C.には、肉系の比重が高いこの治療食はちと辛いのかもしれないなぁ~。でも、お薬もつらいもんね・・・。うむ、もう少し工夫をしてみなくちゃ!!!
がんばってくれよぉっぉぉ! B.C.先生っ!!!!
c0134727_3491058.jpg

でも、意外とご機嫌のB.C.先生なり。
by boochikurin | 2008-04-17 03:49 | B.C.
超病院嫌いのB.C.先生。
私が、心の中で「今日こそ、病院に連れて行こう!」と決めても、
エスパーのように異変が読めるのか、そういう日は一日警戒して
とても病院に行ける状態じゃなくなってしまう。
とにかく、B.C.先生の場合、寝ぼけてぼよんとしている隙をつか
ない限り、キャリーバッグの中に入ってくれないのだ。
でも、昨晩からなんだか、心配になるほどボヨンとしており、
だっこしても溶けたスライムみたいに力が入らない。
ご飯は元気に食べるけど、食べている以外は、クタっと変な感じ
に寝ていることが多く、さらに、手足のピクピク痙攣もいつもの睡眠時
のとは違う感じかも・・・!! と思い、ついにB.C.先生捕獲→病院行き
を決行することにした。
キャリーバッグを観えないところにおき、大きめのバスタオルを持って
寝ている背後から、ごめんよぉぉぉ、とタオルで覆うように捕獲。
ぎゃーぁぁぁあああああああああ!!!!!
という叫び声に、涙がちょちょ切れそうになったが、ここでめげるとしばし
キャリーバッグには入らなくなるので、聴こえないふりをして我慢。

とりあえず、久しく受けていなかった血液検査その他の健康診断もしても
らい、思った以上にじっくりと診てもらった。
昨晩のピクピクはスライム状になるまで爆睡していたからかもしれないって
ことで・・・。その程度の痙攣なら問題ないとのこと・・・ほっ!!!
最近、多飲多尿が多かったので、腎臓を重点的にチェック。
他の部分は血液検査も化学検査でも、この年齢してはとても元気との診断
をいただけた。が・・・・、やはり腎臓は慢性的に悪くなりつつあるという結果に。
検査結果をみながら、病気の原因、これから予想されること、治療など
細かく教えてくれたが、B.C.の場合、数値的な面と食欲があるということ
から、投薬や透析は、今後の結果次第ということに。
とりあえず、血液系の結果が年齢の割に良好なのと食欲、体重、体力とも
にありそうなので、低たんぱくの腎臓病治療食プランで行くことになった。
「猫ちゃんも人間が考えている以上にグルメなんですよね。治療食は人間
の治療食がまずいように、猫にとってもおいしいものではないので、食べない
猫ちゃんもいます。もしも食べないようなら投薬というプランも視野に入れて
いきましょうね」ということになった。

病気が見つかったのはショックだったが、先生から「すぐに命にかかわると
かそういう状態ではありませんよ。この年齢になれば腎機能は落ちてきます。
それに合わせて生活改善をする、と考えればいい感じです。長生きしてもら
うためにも気長に様子を見ていきましょう」と言われ、納得。

B.C.はさすがに疲れたのか、帰宅時はわめくのもやめて無言・・・。
家に着いたら、キャリーバックから一目さんにベッドの下にもぐってしまった。
しばらくは顔も合わせちゃくれないかな、と思ったら、10分後にリビングに
登場。どうも腹が減ったらしいので、病院で進められた治療食をさっそく
あげてみることに・・・・。うっ・・・不味そうなニオイ・・・、こりゃ食わないなぁ・・・。
と思ってあげてみたら、なんとバカスカ食って完食♪
えらいぞ!!!!B.C.!!!!
つーよりもグルメじゃなかったんだね・・・B.C.。
ご飯食べたら、病院のことも少し忘れたようでご機嫌を取り戻したB.C.。
「かあちゃんもB.C.に合わせて粗食にするからいっしょにがんばろうぜ」、と
誓い合うのだった!!!
c0134727_21204799.jpg

by boochikurin | 2008-04-14 21:21 | B.C.
最近、B.C.先生で困っていることがある。
ちゃんときれいなお水をB.C.のごはんトレイの上に欠かさず置いているのだけど、
そこで水をほとんど飲んでくれない・・・。
で、どこで飲むかというと、私のマグカップ・・・・T▽T
仕事で、PC作業をしながら、マグカップに水を入れて(基本的に水分は水で取る
のが好きなもんで)置いておくと、テーブルの上に登って、マグカップに顔をつっこ
み、ぺろぺろ。オイオイ!!そこで飲むなちゅーの!!!!と何度叱っても、
やめないB.C.先生。最近じゃ、マッグカップにブリタから水を注いでいると、横に
来て、「にゃーーーっ(飲みたいっす!)」っとこの段階でマグカップを要求・・・。
まったく意味不明・・・。
今まで使っていた水飲み皿にお水を入れても、無視・・・・。
なぜ????????

マグカップに入れておいておくと飲まれてしまうので、私のマグカップは、B.C.が
届かない高いところに置かれるようになった。
でも、こうやっても「飲みたいっす!!!!」と騒ぐので、B.C.先生専用のマグカッ
プを作ってあげることにした。

ごはんトレイのところに、なぜか人間のマグカップ^^;
かなりご機嫌で、ぐい飲み状態・・・・。
なんで、マグカップにこだわるのか、さっぱりわかりませぬ。
c0134727_21161737.jpg

by boochikurin | 2008-04-05 21:06 | B.C.