カテゴリ:未分類( 282 )

今日は、思い切ってB.C.先生を病院に強制連行した。
目がどうなっているか心配で、うちからもっとも近い病院で
猫や犬の目の検査・治療もしているという評判のK病院に
連れて行くことに・・・。
相変わらず、病院嫌いのB.C.先生。気持ちよくうたたねし
ているところを強制連行されたもんで、かなりのご立腹!
で、初めての病院。緊張。前の病院はなんとなく治療が
適当な感じがしていたので、ここで病院を変えるのは悪く
ないかも、と決心。

前の病院で検査してもらったときの検査記録を持参し、
いざ、病院へ。
病状を伝えると、先生が丹念に時間をかけて内臓をチェ
ック。そこで、心臓と肝臓・腎臓に異常がある可能性が
高いってことで、レントゲン検査も・・・。
でもって、さらに眼底検査・・・。
B.C.先生もうプレッシャーでシオシオですが、
「正直、症状はあんまりよくないけど、脱水症状
とか起こしてないから大丈夫だよ」
と言われながらも、B.C.先生も母も不安・・・。

前の病院であれだけ検査してもらっていたのに・・・・、
以外な症状が判明。B.C.先生は、年齢的に腎臓も悪いけ
ど、先天的に心臓があまり大きくなく、循環器系から高血
圧になっている可能性が高いとのこと・・・。
腎臓治療はとりあえず、今は目のこともあるので、心臓
治療をメインにしていくことになった・・・・ええええ!!!!

で、目です。猫の眼底検査ってこうやってやるんだ、って
びっくりしました。すごく時間をかけて診てくれて、先生も
お疲れでしょう・・・B.C.先生もぐったりだったけど。
で、先生が絵を描いてくれたんだけど、網膜剥離が進行
してしまい、右目は光以外はほぼ見えない状況に・・・。
左目も欠損が激しくて、一部見えているということ・・・。
ここまで欠損してしまうと復活は難しいらしい。
とりあえず、血圧を下げることで、眼底の浮腫とかが減る
と視力が戻ることもあるので、まずは心臓と血圧治療が
先決とのこと・・・。
でも、気づかなかったなんて・・・、と母が落ち込んでいたら、
「気づかないものだし、急に悪くなるケースが多いから」と
先生・・・・。

その後、補液治療をして、帰宅・・・・。

K病院の先生は、年齢的にこれからネガティブな症状が
たくさん出てくる可能性もあるけど、まだ治療すれば、
それを遅らせることはできるとのこと。まぁ、元気に
ご飯も食べるし痩せていないから、がんばりましょう、
とのこと。さらに、病院が超苦手!!!!!なんです、
と言ったら、なるべく来なくても大丈夫なように工夫して
くれるとのこと・・・。なんだかすごくいい病院だった。

料金は前の病院と変わらないのに、診てくれる時間がまった
く違うし、先生の説明もすごく丁寧で、資料もたくさんくれた。
とりあえず、この病院とつきあってみようかな、と決心。

さらに、1年前の検査があの数値で追加検査をしなかった
のは、ちと問題かも・・・と指摘していました。
やっぱり動物病院選びって難しいです・・・。
もっとあのときいい病院に連れて行っていたら、網膜剥離
にならなかったかもしれないのに・・・。すまぬ、B.C.先生。

とりあえず、土曜日に糖尿も含んだ細かい血液検査をする
ことに。その後、今日の結果とあわせて、治療方針を決める
予定です・・・。

さっきまで、激グレ鳴きしていたB.C.先生ですが、家に戻って
きたら、おなかがすいたみたで飯食ってるし^^;
まぁ、元気でよかった。
網膜剥離はショックだけど、とりあえずは落ち込まずがんばっ
て治療に励みます!!!
c0134727_18531713.jpg

by boochikurin | 2009-02-25 18:53
今年も元気にお正月が迎えられたB.C.先生。
ずっとずっとこうやって元気に過ごしてほしいものっす^^
しかしながら、今年はぜひともすんなりと医者に
通えるような心が大きな猫に育ってほしいものだす^^;
でも、こんな小さなネズミのぬいぐるみが怖いんじゃ、ダメか^^;
c0134727_235022.jpg

by boochikurin | 2008-01-01 00:00