グーグーもいいけど、吉祥寺だよ^^

大島ファンには、「小泉が違う!」とか「猫とのかかわり方」を
もう少しちゃんと描いてほしかっただの、いろんな声が聞こえて
きて、どうしようか悩んでいた映画「グーグーだって猫である」。
しかも、サバ君の死の話はマンガを読んでいた当初号泣した
ことがあるんで、映画でも泣いてしまったら嫌だな、と思い試写
会もパスった作品。
どうしようかまよった結果、とりあえず観た。

これは猫好きじゃないとイマイチわからない作品かもしれない。
後ろのカップルは、イマイチわからなかったみたいで、「うむ~」
といいつつ出て行った。まぁ、グーグーはかわいいけど、ベース
として猫好きじゃないとわからない心理状態を扱っていたりする
作品なので、そういうユーザーが出てくるのは、しかたないのかな。

でも、マジかわいかったっす! グーグー。
なぜか、グーグーがかわいい! と思った瞬間、B.C.に会いたく
なる。簡単に言うと、そういう猫好きの心理を突いた映画なんじゃないか
と思った。詳しくはネタばれになるので書けないけど。

しかし、それにしても、現場が、あまりに懐かしの"吉祥寺"。
高校時代、毎日のように遊び呆けていた吉祥寺が舞台。
懐かしい通りや店、知り合いの店がきれいにおしゃれになっていて
超びっくりして、声が出てしまった(笑)。
次の休みは、自転車で吉祥寺に行こう♪ とプチ決心^^
吉祥寺バイト時代のKさんとかPさんとか元気かな~。
個人的にはかなり懐かしさ満載でストーリーうんぬんよりも楽し
めた気がした。
c0134727_2155983.jpg

*グーグーのサイトの中に、猫豆知識の中で、猫の舌についての項目があるが、
B.C.はここに書いてある通り、舌を出しっぱなしでなごんでしまうことがたびたび^^;
触って教えてあげてもすぐに出ちゃうのが、ご愛敬^^;

by boochikurin | 2008-09-07 02:19 | B.C.