元気は、何よりもありがたい。

c0134727_0293335.jpg

またもすっかりご無沙汰です。
今年に入ってから、ちょっと仕事が忙しく、貧乏暇なしで。
休日は、猫とウダウダしている間に爆睡、という感じで、トホホ。



でも、ウダウダしながら猫と昼寝ができるなんて、何という幸せ。
これ以上の幸せがあるでしょうかって感じです。
今日みたいな暖い日は、なんだかそんなこと、しみじみ思いました。
ざらめちゃんも寝ぼけて、寄り目中です(笑)。

本当に、ハナもざらめも元気いっぱいで、
よく食べ、よく出し(これは1日おきなので、もう少し努力!)
よく寝て、よく遊び、よくケンカしています(これはたまににして!)
本当に、猫らしい生活を満喫してくれるハナとざらめ。
c0134727_0331753.jpg


2008年から、B.C.の治療及び介護から始まり、ピリカは2011年に我が家に
来てからずっと病院通いだったので、土日のどちらかは通院日と決まってました。
だから、通院なしで、家でウダウダできることって本当にありがたいことなんだなと。
よく使うので、部屋の隅に置いてあったキャリーバッグも、クローゼットの中に
しまいました。

持病を持っている猫さんも元気な猫さんも同じように可愛いし、大事です。
B.C.もピリカも、私にとっては、今でもとっておきの特別な存在です。
彼女たちがいたから、健康のありがたみを感じることができるのだなぁ……と。
いつもいっしょに通院いていたことも、今となっては大事な想い出ですが、
やっぱり、ピリカにも伸び伸びと、通院がない、エリザベスカラーない毎日を
過ごさせてあげたかったな、と、元気なハナとざらめをみるにつけ思って
しまう部分もあります。

そんなわけで、最近悩んでいるのが、闘病カテにいてよいのかな、という
ことです。過去ブログで、ピリカのアレルギーや胆管肝炎をチェックされる方も
いるかと思うのですが……。
しばらくちょっと悩んでみたいと思います。

あ、そうそう、ざらめさん。我が家に来てから、無口で、あまりおしゃべり
してくれなかったのですが、最近、よくお話してくれるようになりました。
寝るときも、先にベッドにいて、「遅いよぉ、遅い~」とブツブツ。
ご飯が遅いときにも、「何だか今日、モタモタしすぎだよ~、早くしてね~」
とブツブツ。もしかしたら、もっと可愛いことをつぶやいているのかもしれま
せんが、声がダミ声なので、ブツブツと文句を言われているような気分です(笑)。
c0134727_111884.jpg

逆に、ハナはすごく女子力が高い鳴き声なので、「おかーしゃんっ! ワタシ、
お腹グー鳴ってるよ~、早く早くぅうぅ~」って感じに聞こえます。
でも、もしかしたら、「ババぁ、早く飯にしろって言ってんだろう!」とか言って
たりして(笑)。ざらめさんのほうが、「ご飯いただけますか?」なんてお上品
なのかもしれません(笑)。
c0134727_1113019.jpg


と、いうわけでなんだかんだで、お陰様で猫も私も元気です^^
by boochikurin | 2016-02-14 01:16 | ざらめ