当たり前の「通院」、しばし休止。

c0134727_2154468.jpg

早いものなのか、まだなんだか実感がないのか、ピリカが旅立ってから
1ヶ月が経ちました。なんだか、まだ「ピーちゃん、ご飯だよ」と呼んでし
まって、「ハナ、ごめん、間違えた、かあさん><」と謝罪する日々です。



ピリカが発病する前の日に、「ピリカが我が家に来て、4年が経ちました」
とブログにアップしようと思っていました。
その記事は、書かれることなく、怒涛の通院、闘病の1ヶ月に。
看取った後、なんだかぼんやりしている間に、7月を迎えました。

そう、7月の第一週の週末は、ハナちゃんが我が家にやってきた日です。
片手で持てる大きさだったハナちゃんも、なんと4.97kgまで増加です。
丸顔だったピリカは太ってみえがちでしたが、ハナちゃんは小顔なので
その点、スリムさんに見えて得をしているかもしれません。

ハナちゃんが我が家にやってきた日は、ピリカがもうタジタジで、
今まで、人生でシャーもフーも言ったことがなかったピリカが、
威嚇しまくりだったことを思い出します^^
もうやられっぱなしでした。

イマイチ仲良しなんだか、そうじゃないんだかわからない、女子同士
の微妙な関係でしたが、やはりそれでも仲良しだったみたいで、
ハナちゃんは、ピリカがいなくなってから、めちゃくちゃ甘え度が増して、
常に抱っこで、私とくっつきたがります。
生まれた時から複数の猫さんと暮らしてきたハナには、一人はつらい
のかもしれません。うむ、困りました~。

そして、ハナちゃん、昨日、ピリカが最終的にお世話になった病院で、
血液検査の結果を聞いてきました。本当はもっと早く行く予定だった
のですが、私が疲れが出たのか、喘息発作が出てしまい、ダウン。
というわけで、少し時間が立ちましたが、結果+ワクチン接種に。
血液検査の結果は、基本的には問題なく、少しアルブミン(このあたり
膵臓とか肝臓に関係する数値には敏感な私……)が高かったですが、
問題があるというほどではなく、ほかに高い数値もなく、食欲もあるので、
現在の体調は良好という診断をもらいました。

「良好」と言われているのに、通院慣れしてしまったのか、「本当に、悪い
ところはないんですよね? 通院が定期的に必要とか、食事を見直さなく
ちゃいけないとかそういうことはないんでしょうか?」という私の問いに、
「問題はありませんよ。年齢的にも年に1度の検査で大丈夫です。
不調が出なければ通院の必要はありませんよ」と先生。
「そうか~、ピリカは我が家に来てからずっと通院していたので、通院
しなくていいっていう感覚を忘れていました……」と思わずつぶやいて
しまいました。

なんだか、ピリカのことがあってから、信頼できる病院の近くに住みたい
病になってしまい、「いつ何時、どんなことがあっても万全にしていたい!」
と最近、暇さえあれば最後にお世話になった病院の近くの物件がないか
調べてばかりいました。
でも、「そうか、ハナちゃんは持病があるわけじゃないから、毎日はもちろん、
定期的にも通わなくていいんだ……」とそこでハタと目が覚めたというか……。
慌てて、引っ越さずに、時間をかけていいおうちが見つかったら、病院の
近くに引っ越そうと改めて思い直しました。

ハナちゃんも2歳越え。ピリカの分も元気にきちんと育てなくちゃ、と改めて。
我が家に来てくれて、ありがとね、ハナちゃん。
by boochikurin | 2015-07-12 22:31 | ハナ