初乗りは、やっぱり“通院”。

c0134727_19436.jpg

おととい車がやってきました^^ また、これでエンヤコラと働かなく
てはならぬのですが、がんばります^^;
おとといは仕事で忙しかったので今日が初乗りとなりました。がっ!!



気ままなドライブというわけにはいかず、なんと、初乗りはピリカの通院
とあいなりました・・・。
予定では、来週の土曜日にアレルギー状況確認で、再通院だったのですが、
木曜日・金曜日、咳とくしゃみを連発。金曜日の夜にはついに、くしゃみと
ともに、飛んだのが、きちゃないですが、ちょっと黄緑がかった『青っ洟』。
量は少なかったのですが、青っ洟ということは、炎症が起きている可能性も
あるなぁ、ってことで、土曜日午前中に病院に電話で問い合わせたところ、
「11時半からなら予約が取れますが」って話になり、寝巻ジャージを速攻
で着替え、ノーメイク状態で速攻で用意して、やはりボーっと寝ぼけている
ピリカをキャリーバッグに入れて、エンジンをぷるるん! ゼイゼイ・・・・。

そして、いつものごとく、ピリカはずっと大騒ぎ。
レンタカーではないので、座席に出してもいいのだけど、ブレーキやアク
セル周りに潜り込むと怖いので、今日のところはいつものようにキャリー
のみに。ピリカの場合、怖くて鳴いているわけではなく、「何?何?
ここはどこなの? 観たいっていいっているのにぃぃぃぃ!」と鳴いている
ので(キャリーから顔だけ出させたら、ワンコさんのようにずっとかぶり
つきで外を見ていたので^^;)、いずれリードを座席に固定できるように
工夫してあげたいと思っています。
でも、座席が猫毛だらけになりそうだけど・・・・・^^;

で、無事に11時半に病院に到着。大渋滞だった割に1時間かからずに
到着できました^^

まずは熱を計ってみたのですが、やはり平熱・・・。
そして、鼻水の検査。顕微検査したところ、やはり炎症があるということで
皮膚アレルギーと鼻と咳とは違うものかもしれないということに。
季節の変わり目で、免疫力が低下して、鼻水と咳、さらにアレルギーが
出やすくなっているのかも、ということでした。
肺や心臓には相変わらず問題はなく、鼻と喉の炎症のみが確認できるということ
で、主に喉鼻・気管支に効く抗炎症剤と炎症を抑える抗生物質を出してもらう
ことに。
皮膚の状態も1週間前よりもかき壊している部分もあるのですが、まだ
1週間だと除去食治療の結果は出せないそうなので、予定通り来週再診断という
ことに。

やはり今回の病院は非常に、慎重に治療方針を考えるところなんだなぁ、と
実感。今までの病院が悪いってわけではないのですが、今までは症状に合わせて
投薬はもちろん、注射も打っときましょうね、って感じが多かったのですが、
ここは安易に注射は打たないようです。
薬も「ステロイドで咳も皮膚もダブルで効かせる」という選択が主流でしたが
「喉と鼻の炎症を抑えるタイプのものにしましょう。皮膚はやはりもう少し様子を
みたいので」と。
どちらの治療も治療としては間違っていないと思うし、猫のためには早く症状
を改善してあげたほうがいいのかもしれませんが、私にとってはとても新鮮な
発見が多い治療なので、ピリカの様子を見ながら、しばしこの病院にやっぱり
通ってみようと思います。

でも、投薬する際に、エリカラがあると邪魔だったのちょっと外していた隙に
治りかけていた目の上のカサブタ部分をまたかき壊してしまいました(涙)。
確かに、治りかけのカサブタってかゆいんだけどね・・・・。
c0134727_1402276.jpg

てなわけで、片目がちょっとお岩サン的に腫れて、左右の目の大きさが
変わってしまいました~(涙)。
でも、元気なんで大丈夫です。
久々の投薬に、悪戦苦闘しておりますが、今日はどうにか押し込むことが
できました~^^;
c0134727_1415321.jpg

デッカイカラーされて、さらに投薬で、イライラマックスのピリカでした^^;
でも、カジカジ顔はなかなか萌えます~^^;
by boochikurin | 2012-03-31 15:40 | ピリカ