"除去食試験”開始。

c0134727_185289.jpg

目の上のカイカイがひどくて、ついにひと周り大きなエリカラ装着中です。
カイカイと並行して、熱も鼻水もないのですが、咳とくしゃみと鼻つまり
的症状が進んでしまい、ついに行ってきました、犬猫皮膚科の名医病院。



前に住んでいたエリアの病院にするか悩んだのですが、ここはちょっと
がんばって、アレルギーなどをよく診断している皮膚科に強い病院で
診てもらったほうがいいかもと思い……。ということで、車で片道45分!
ピリカ、がんばりました^^ 
ずっと「どこに行くのぉぉぉぉ!! 教えろ!!」
と大騒ぎでしたが、診てもらえました。

過去の病歴と投薬記録をリストにしてプリントアウトして、あと、
「今食べているご飯を全部持ってきてください」ということで、
カリカリ2種と猫缶1種を持参。
さらに、先日受けたアレルギー検査の結果も参考にしたいので、という
ことで持参しました。

でも、アレルギー検査は下の通り・・・。
なーーーーーーーーーんにも出なかったんですよ。
c0134727_1154395.jpg

ただ、猫のアレルギー検査はワンちゃんほど、まだ完成度が高くなく、
これで何もでなくてもアレルゲンを他に持っている可能性もあるし、遅延型
(遅発型という場合も。検査したものは即時型が中心の検査だったので、
なんとも・・・ということでした。ワンちゃんだと遅延型の検査も最近できるそう
ですが、猫の場合はまだ遅延型アレルギーの検査はできないらしいです。

今までの病院は、症状を観て、必要な検査などをした後、抗生剤やステロイド
注射などをチクンとされたり、投薬が処方されたりするのが常でしたが、
今回の病院は、かなり目からウロコでした。
色々症状を説明した後、ピリカのひっかき傷などの状態を顕微検査。
菌はもちろん、化膿しているかどうかもそれで確認。
さらに、アレルギーのもとになる菌がいるかも確認。

で、アトピーとかアレルギーの場合、多くなるというこう好酸球がいたので、
アトピーかアレルギーの確率大とのこと。
咳やくしゃみもそのせいとのことでした。
とりあえず、ひっかき傷は化膿していない状態。さらに、咳やくしゃみは
出ているけど、気管にも炎症はなく、熱もないなどの理由から、
ステロイドなどの注射や投薬は今回はしないで、”除去食試験”で食物
アレルギーの反応をみたいということに。

「咳がつらそうなんですが、ステロイド打たなくてもいいのですか?」と
質問したら、丁寧にその理由を教えてくれました。
もちろん、ステロイドを打てば一時的に症状はよくなるけれど、長期ずっと
使用はできないので、まずは症状が出ていても化膿や炎症が起きていない今
の時期に、原因を探りたいとのことでした。
ステロイドを打ってしまうと、除去食をしてもステロイドの影響で症状が
おさえられてしまうので原因がわからなくなってしまうから、ということ
でした。
「確かにつらい症状はかわいそうですが、今後ステロイドをどう使っていく
かの指標を決めるためにも、2週間は、まずは除去食でトライしてみましょう」
ということでした。
なんか、今までの医療は、出ている症状を一時的に抑える「対処療法」でし
かなかったんだなぁ~と。いろいろ考えさせられました。

で、先日購入して、最近ちょこちょこあげていた、ロイカナの低分子プロ
テインだけにして、他のご飯は一切あげないで様子をみることに。
今までは、「食いつきが悪いから~」とか「他のを食べたがるから」と
別のメーカーのカリカリと猫缶をあげていたのですが、それはとりあえず
禁して、体調がどう変化するかを徹底して観察することになりました。

アレルギー食は本来、こうやって徹底して使って、原因を探るために
あるから、私のように自己流で使っても意味がなかったようです(涙)。

ということで、とりあえず、頑張り中です。
まだ、カイカイ(傷治りかけのかゆみもあり)も咳も出ますが、
薬ではないので1日2日では症状はわからないらしいです。

とりあえず、とても丁寧で説明もわかりやすく、さすがアレルギーの
プロって感じの病院だったので、しばし通院続けてみることにしました^^

きっとたくさんの検査と注射や投薬で治療費たくさんかかるだろうな、と
思っていたのですが、少しの検査と診断とカウンセリングだけだったので
非常に治療費も安く済んでびっくり。
でも、さすがに名医というだけあって激混みでした。
となりのワンコさんのママさんに、「うちの子もお耳の炎症がずっと
治らなかったんだけど、ほらこんなにきれいになったのよ。
混んでいるけど、ここはアレルギーなら絶対いいと思うわよ!」
励まされちゃいました^^
c0134727_1402747.jpg

さすがに疲れたのか、ピリカはデカカラーにも関わらず、爆睡中です^^;
by boochikurin | 2012-03-26 01:41