心配グセ

c0134727_021116.jpg

ちょっと仕事が忙しく、更新できずにいました。
ピリカ先生、相変わらず耳完治せず、治療中ですが、エリカラをずっと
付けているのもかわいそうなので時間で取ったりつけたりしています。



どうしてもかゆくなるとひっかじいてしまって、流血・・・。
薬→うっとうしい→ひっかじく→エリカラ→薬→うっとうしいの繰り返し・・・。
早くこのラビリンスから解放されたいだろうなぁ、かわいそうにT~T

そして、また、1週間前から変な咳ともくしゃみともいえないエグエグっと
した咳みたいな動作を1日1~2回のペースでするように・・・。
ピリカ先生、メチャメチャオテンバだし、元気なんだけど、ところどころ
ハラハラさせるところがあり……。
「私が心配症なのかもしれない」「B.C.のこともあるから心配しすぎに
なっちゃうんだよね……」と自分の心配グセを反省しつつも、もしも大事
だったら、と思うと、気になってしまって、まず病院、というクセが
ついてしまって^^; ピリカにとっては地獄のような時間だからかわいそう
なのだけど・・・。ごめんね~。

で、治りが悪い耳治療は、私の手抜きケアが悪いと指摘。嫌がってもきちんと
薬を塗ってくださいね~とピシャリ^^;
で、もって、へんな咳みたいなくしゃみを説明するんだけど、「吐くとき
みたいな感じ?」と聞かれても「いいえ、どっちかというと呼吸が詰まって
吸い込んでいる感じ」としか説明ができず、「なんか食欲もなくて元気も
ない気がするんですよ・・・」というと、先生爆笑。
「前回よりも体重増えているし^^ もう4.2㎏もありましたよ。ずいぶん
大きくなったよね~^^ おかあさんが思っている以上に食べているから
それは大丈夫^^」と言われて、ひと安心。
へんなくしゃみは経過観察ということで、免疫系に作用するお薬を注射
してもらうことに。
もちろん、ピリカは大騒ぎ>< 大鳴き、大暴れで興奮したのか、
そのあと、先生にうまく伝えられなかった、あのへんなくしゃみ的咳?の
症状が出てしまったのでした。
「先生、こ、これこれです!!!」
「これかぁ、犬だとよくあるんだけど、猫はあまりないんだけど、もしかし
たら"逆くしゃみ症候群"ってヤツかもしれないけど、まだなんともいえないなぁ・・・」
と結局経過観察。でも、先生の前で症状が出てくれたせいで、状況はわかって
もらえた様子。
重篤な病気ではなさそうだけど、先生から
「お薬泡吹いちゃうし、病院嫌いだし、先生苦手なんだから、病院とお
つきあいしないで済むように、早く元気にならないとダメだね~^^」と
先生に突っ込まれるピリカ先生・・・。はい、本当にその通りでございます^^;

家に帰って逆くしゃみ症候群を調べてみたら、完治はしないけど、それで
病気を引き起こすことはないようなので、この症状だけであることを祈りたいです^^
さすがに、家に帰ってきてからは騒ぎ疲れたのか、静かに寝てるピリカ先生。
でも、静かだと逆に心配なんですけど~!!!
いつも「仕事にならないから静かにしてください!」とか愚痴っていますが、
猫は元気でうるさいぐらいがちょうどいい^^

明日からはまた、こんな感じにうるさいぐらいに元気になってくださいませ^^
c0134727_02381.jpg

by boochikurin | 2011-08-11 00:02 | ピリカ