1週間後。

c0134727_23313987.jpg

地震から一週間。私の仕事は、物資の問題やら中間作業の業者の機材に不具合
が出たりなどで、いろいろな意味で業務がかなり滞り中です。
ただ、東京は計画停電や余震などがありつつも、徐々に元の生活に。



街のスーパーにもメディアでいうほど、品不足でもなくなってきています。
地域によって異なるのかもしれませんが、米・牛乳・トイレットペーパー
以外は、意外と簡単に入手できました。
基本的に、私は買い物に走ることを一切やめました^^:
スーパーに行っても、モノがないと心理状態で、不要のものを購入してし
まうようで、非常に不経済。本来なら飯の種を購入しに行っているのに、
手に持っているのが、ビスケットとか柿の種って、どうよ??? と。
被災地のことを考えたら、それも非常に贅沢なことですが、不要なものを
へんな意識で買ってしまうなら、頑張って開けているお店で、ちゃんとした
ご飯を食べるほうが安上がりだということに気づきました。
幸い、最寄駅の近くには、定食屋的な店が数件あり、計画停電中も明かりを
暗くして営業していました。混んでいるかな、と入ってみるといつもよりも
空いている・・・。なぜ??? メニューに欠品はないのに。
コンビニに走ってお菓子を食べるよりも、営業しているお店を応援すること
も大事な気がします。

東京など経済が動く地域は経済も動かしていかないと復興資金ところではなく、
それ以外の地域も経済打撃が来てしまうと思うから。
募金ももちろん大事だけど、計画停電しながらも経済も動かさなくちゃ!
と思う日々です。まぁ、私の思いだけではなかなか大きな経済が動かないので
何とも言えないのですが・・・。

でも、渋谷などは、外資系のショップが全部クローズしていて、「・・・・」
という気持ちに。計画停電に協力なのかもしれないけど、なんかなぁ・・・。
百貨店に入っているブランドショップまで外資系がクローズしているのを
観たときには、ちょっと腹が立った。
さらに、歩きや自転車用にもう少し小さくて軽量のリュックを購入しに行こう
かな、と渋谷の外資系のアウトドア店をいくつかまわろうと思ったのだが、
Mammut以外クローズしていて、唖然。その点、モンベルは店内を暗くして
も営業していて、偉いぞ偉い!!Mammutも偉いぞ!
アウトドアものは、非常用にも使えるものが多いんだから、こんなときこそ
サバイバルの知識、サバイバルのアイテムの強さをアプローチするぐらいの
心意気がないんだろうか????!!!!!
店員の安全確保も大事だけど、それぞれの仕事をできる限り頑張るってこと
が、被災していない人たちにとっては大事なことだと私は思うのです。
ということで、応援の意味も含めて、いつもはあまり購入していなかった
モンベルでランタンのガスなどを購入したりしてみました^^

GAPもしまっていたのは、びっくりだよ・・・。
外資系だったのね。忘れてたけど(笑)。

と、少し憤ったりできるぐらい、元気に生活しています。
1点、やはりどうも住居に問題がありそうで、近々引っ越そうかと考え初め
ています。すぐに倒壊するわけではないようですが、これもひとつの機会かも
しれないので、いい物件があったら出るのもありかもな、と思い始めています。
非常に長く住んで、愛着がある街で大好きなのですが、ペット可で納得できる
物件がなかなかこの街ではなく、別の街、もしくは少々郊外に引っ込むかも
しれません(涙)。
明日も住んだことがない街に物件を見に行ってきます。職場と実家の中間点
なので、今よりはもしかしたらいろんな意味で便利かもしれないんだけど。
仕事の状況も滞ってる状態の今、引っ越しするのはお財布的にもつらいですが。

ペット可物件が増えたとはいえ、なかなか条件に合うものとなると難しいですね。
本当はいつまでもここに住みたいのだけどT~T

ということで、まだまだ引っ越しは先かもしれませんが、ご近所になったら
よろしくでございます^^
by boochikurin | 2011-03-20 00:03