酸素室生活8日目。

c0134727_23402695.jpg

大変ご心配おかけしています。
みなさんの励まし、本当に感謝、感謝、感謝×無限です!!!
B.C.とりあえず、酸素室でがんばっています!



酸素室導入時には、院長先生にもかなり状態が悪く予断を許さない状態を
告げられていたので、正直かなり覚悟したのですが、それでもなんとか
がんばっています^^

といっても、今日病院に行ったら、触診でもお腹の腫瘍の転移が分かる
ぐらいお腹によくわからないものが入っている感があり、さらに腹水
やら胸水も若干溜まっているので、骨格全体はやせているのに
お腹だけちょっとタプタプしています。
ガンってコワイなぁ・・・と思ったのは、本当に食べているのに太らない
ってこと。おかげさまで、酸素室前の食べ物拒絶状態は脱して、
幸せなことに食べることは今はしてくれています。
もう、腎臓に悪い猫缶もなんでもOKにしているので、かなり美味な
ようで^^; ガツガツ食べてくれることもあるんですが、それでも
まったくお肉になってくれません。たぶん、お腹に入ってもガンが
その栄養を食べてしまうんだなぁ~という感じ。

顔は、↑の写真のように、普段とあまり変わらないのですが、
下半身はさみしいほどやせてしまいまひた(涙)。
c0134727_23501742.jpg

でも、食べないとガンが身体の肉をますます削ってしまうので、
とにかく食べてくれて本当にありがたいです^^

食べるせいか、ウンPも大きいのを毎日しっかりしてくれます。
ここ数日は、血が混じっているような色ではないので、それはちょっと◎^^

そして、胸水、腹水がたまっているわりには、肩で息はすることはありますが、
口を開いて息をするとか呼吸が妙に早いということはまだありません。
今日も院長先生がお腹をみて、「う~ん、けっこう溜まってきたから腹水はハリで
抜きたいところだけど、腫瘍が複数転移しているとそこにハリが触れるだけで
出血を起こすからなぁ・・・」とかなり悩んでいたようですが、私が「もしも刺さなくて
いいなら、呼吸は酸素室に入っているせいかちょっとラクになっているので、
このまま利尿剤でいいと思うんですが」とお願いしてみました。
まぁ、利尿剤もいいわけではないので、補液をしながら利尿剤という非常に
本末転倒な治療をしなくちゃいけないわけで、すべてが綱渡りって感じです。

でもとりあえず、酸素室を早めに導入したのは、今のところ吉と出ているようです。
基本、酸素室に入ってもらい、朝と昼(これは家にいるとき)と夜の3回、1時間
ぐらい外で自力ご飯をしてもらうために出して、ご飯をして少し和んで、しっこや
ウンPをして、和んで、投薬をして、また酸素室に戻る、という生活をしています。
私はこの1週間極力自宅仕事にしていましたが、会議等では出なくてはならず、
かわいそうですが、酸素室に入れたまま仕事に出かけました。

中にチップ系ミニトイレとペットシートを敷き詰めてどこでしてもよくして、
お水も完備しての外出。最長7時間お留守番ができました^^

酸素室での闘病B.C.はこんな感じです^^
c0134727_013970.jpg

上からみると、こんな感じ。
c0134727_02365.jpg

意外とゆったり寝られるサイズです^^

ただ、においがこもるので、しっこをしたらなるべく早く変えてあげないと嫌がり
ます。猫はキレイ好きだから、その点が大変ですね^^;
利尿剤も飲んでいるので、1日に使うペットシートの枚数は半端ありません^^;

とりあえず、ご飯とトイレ関係はしっかりできていますが、たくさん動くと疲れる
らしく、基本はにょろりと寝ています。容態が悪化してから、鳴き声も一切あげ
なくなっていたのですが、ここ数日呼ぶとか細い声で答えてくれることもあります^^
B.C.のペースで、ゆるりゆるりと闘病中という感じです^^

今後もいろんな変化があるかと思いますが、とりあえずは、色々考えると慌てて
しまうので、目の前起きたことを解決していこうと、思い始めている感じです^^

本当は、コメントにお返事をひとつずつおかえしたいのですが、
B.C.のケアと仕事で、blogを開けない日もあり、申し訳ありません!
たまにこうやって、報告ができたらと思っています^^

本当に、感謝です^^/
by boochikurin | 2010-04-04 00:10