新たなる問題。

c0134727_19442375.jpg

上の写真のように、今日もベランダで日光浴を楽しんでいたB.C.ですが、
途中から奇妙な行動を。ベランダの土埃が着いた床や壁をしつこいほど舐める舐める。
ダメだよ~、と言っても夢中で舐める。「?」と思って、ネットで検索したら・・・。



がんの子や貧血の子がよく舐める、と書いてあった。
お腹にがんがあるからなのなね・・・、と頭を撫でていたら「!!!!!!」
え? ってほど耳が白い。通常は薄いピンク色なのに、白と言うか薄いグレー。
嫌な予感がして、肉球をみると、肉球も同じ色・・・・><
もしかして、『貧血』かも、と急いで病院に電話をする。

実は慌てたのは、2日ぐらい前からおしっこを軽く粗相していたからだ。
粗相といっても寝ていて、おもらししちゃうというよりも、ステロイドの影響で
おしっこの回数と量が多すぎて、トイレに行こうと思っても間に合わず、
トイレの淵をまたいだ途端に出てしまい、周りにこぼしたり、
寝床からトイレに行くまでにちょっと道に迷ったりすると、途中で漏れちゃう、
ということが数回あった。

院長先生からはステロイドを毎日飲ませているから極度な多飲多尿になって
目が見えないから間に合わないこともあるんだと思いますよ、ステロイドの
せいです、と昨日言われたんだけど・・・。うむ~、でも、ステロイドを飲ませて
すでに3週間。3週間そんなことがなかったのに、そうなるのはなぜ?
とちょっと「?」が出ていた。

さらに、比較的元気に歩きまわっているのだが、たまにフリーズしてしまう。
人間でいうと、一瞬クラっとして、立ち止まるみたいなフリーズの仕方をしていたからだ。

で、急いで2日連続病院へ。
血液検査をしたら、院長先生も驚愕!!!
なんと、ヘマトクリットが15.1%しかない・・・!!
ノーマル値が24.0~45.0%だと考えると、相当低い・・・。
さらに、カリウムもマズイとのこと・・・。
院長先生の見解によると、
「腎不全の値が前回の血液検査ではよかったですが、一度壊れた腎機能は
もとには戻りません。腎機能が低下は貧血を併発することが多いのです。
さらに、ガンは血液を集める習性があるので、ガンも貧血を促進させます。
ダブルで、貧血要因があるということなのです・・・」と。
カリウム低下は、リンパ腫のために飲んでいるステロイドが多飲多尿を促進
させるために、尿から体内のカリウムが大量に放出されているから、とのこと。

実は、昨日の検査で心音に不思議な変化がみえていたので、来週あたり
原因を探ってみましょう、と言われていたのですが、心音の変化もこの貧血
が関わっている可能性が大とのこと・・・。

すべてはつながっているのだということを教わりました。

カリウム保持のためには、カリウム摂取及びカリウム放出を抑えるために
ステロイドの量を抑えなくてはならないわけで。ってことはガンは緩和できず、
さらにがんが緩和できないと、貧血がひどくなる・・・と悪循環がグルグル。

院長先生も「どうするべきかな・・・」と少し悩んでいました。

とりあえず、毎日だったステロイドを3日に1度にして、1日2回カリウム摂取。
エリスポエチンを週2回投与で様子をみるということになりました。
心臓に変化が出ているということは、ガン進行よりも心臓保持のために
貧血緩和を考えることが大事だという選択だといいます。

あっちを立てればこっちが立たず・・・。難しいですね。

でも、本人はぐったりというよりもいつもとそんなに変わりません。
まだ、おしっこは少し淵にこぼしそうですが^^;

明日に追加で購入したトイレが届くので、寝床の近くにもロー状態で置いて
あげようと思います。

なんかここまで色々症状が出てくると、何が何でも生存、というよりも
いい環境、楽しい日々をどうするか、ということを考えるようになりました。
がん発覚時よりも落ち着いているかも。

明日もお刺身食べて、楽しく過ごそうね^^
c0134727_2019542.jpg

by boochikurin | 2010-03-14 20:19