病気をパンチ!

c0134727_0594612.jpg

木曜日から比較的調子がいいB.C.。今日は昼間、天気がよかったので、ベランダで
お昼寝もしてリフレッシュ。気づいたら、↑のポーズに。パンチしているみたいに腕を
伸ばして寝ていて、「病気をノックアウト!」って感じに見えて、ちょっとうれしい^^



昨日、キャメロン・ディアス主演の『私の中のあなた』という映画を観た。
映画予告を観ていたときには、白血病の姉のために臓器提供を目的
で生まれてきた妹の話、だと思っていた。が、実際の話はちょっと違った。

延命治療、どこまで治療を選択するのか、ということの患者と家族(母親)
の誤差を描いた作品だった。
キャメロンよりも二女役の子よりも、白血病で闘病しているケイト役の
ソフィア・ヴァジリーヴァの演技に驚いてしまった。本当に素晴らしい演技。
キャメロンばかりが評価されてしまったのが、非常に残念だ。

何が何でも生きる望みを失わない母にも共感できるし、延命よりも死を
受け入れようとする娘の気持ちもわかる・・・。
きっと世界中で今も、この選択に悩んでいる人たちがたくさんいるに違
いない。納得できる最期を見つけ出すのは難しい。
答えを出すのは本当に難しい。

B.C.に延命処置はしないと決めているが、1日でも2日でも調子がいい
日が続くと、「もしかしたら抗がん剤にも耐えられるのでは?」と考えて
しまう。また、友人から「18歳で末期がんだったけど手術で持ち直したよ」
なんて話を聞くと、正直心も揺らぐ。

人間とは強欲な生き物で、目先のいいことにすぐにほだされてしまう。
今日の元気をありがたがるだけでなく、今日も元気なら明日ももっと元気に
なってほしいとどんどんよくが出てきてしまう。もっともっともっともっと、と
よくばかりが増殖してしまう。
本当は、もっと今日の元気をありがたがらなくちゃね・・・と、映画を観て感じ
てしまった。

今日も元気でありがとう^^
by boochikurin | 2010-03-06 03:51