"心配"の量。

c0134727_19584865.jpg

B.C.の鼻炎、ずいぶんよくなりました。
とりあえず、抗生剤はあと1週間は飲ませて、というお達しですが、鼻音はまったく
気にならない状態になりました^^ 



が・・・。実は、また気になることがあるんですよ・・・。
もう最近、「あ、ここもおかしい」、「あれ?ここも?」と私が気にし過ぎているのかも
しれないと、「気にしない気にしない」という呪文を唱えてみるもの、やっぱり気にな
ってしまう・・・。もしかしたら、私が神経質すぎるのかなぁ・・・。

今年の2月に、「もしかして目が見えてない?」と気づくまでは、慢性腎不全でも、
治療食だけでのほほーーんと暮らしていたB.C.。病院に連れて行こうと思って
も「嫌だ~!!!!」とがんばるから、「まぁ、いっか」と私も当時は、今みたいに
気になるとすぐ病院!というスタンスではなかった。
それが、網膜剥離になって、斜頚になって、心臓も悪いとか言われて、毎日飲まな
くちゃいけないお薬も増えて、補液も毎週欠かさず行くことになり・・・。
でも、なんか病院に通うようになってから、B.C.はたくさん悪いところが出てきちゃう
気もするし、私も悪いところばかりが気になってしまう。

もしかしたら、病院で早めに治療しているから、悪くならずに済んでいることが多く
て、もしかしたら、放っておいたらすごく危険な状態になっていたのかもしれない
けど、なんか、B.C.のQOLを下げているんじゃないかと、ちょっと悩んでしまった。

今回も鼻炎のつらい症状は消えたけど、よく見えると左右の眼の大きさがかなり
違っている。右目が少し出ているような気がして、土曜日に院長先生に聴いてみ
た。だって、斜頚になったときも右目がちょっと腫れたことがあったから・・・。
調べてもらったら、右目だけ眼振があるとのこと・・・。うむ・・・。
なんか最近、頭をゆっくり回しながら天井を仰ぐときもあるのよね・・・。

でも、脳の中は麻酔をかけないと診ることができないし、B.C.は心臓が悪いから、
麻酔はかけられないし・・・。麻酔をかけてCTやMRIで脳の中を診ても開頭する
こともできないから、わかったからといっても意味もないわけで。

うむ・・・。
ご飯も食べるし、うろうろもするし、自力うんこも普通にできるし、楽しそうにゴロ
ゴロも言うんだったら、「あれがヘン、これがヘン」と神経質になることはないの
かもしれない。

人間もそうだけど、老後って、病気のデパートみたいな状態になるわけだから、
どこまで心配して、ここまではいいや、というレベルを自分の中でしっかり把握し
ないと終わりがないなぁ、としみじみ^^;

躍起になって手当たり次第に悪いところ治そうとするのは、もしかしたら、B.C.が
のぞんでいることじゃないのかもなぁ・・・。
と、ちょっと真面目に考えた1日でした。
by boochikurin | 2009-12-07 20:21