投薬なしで不眠改善中。

c0134727_1861896.jpg

丸2日間、ほとんど寝なかったB.C.。でも、昨日からコマ切れですが、
トータルではかなり睡眠をとってくれるようになりました。
ただ、相変わらず、夜中は目が冴えてしまうみたいで昨晩も4時過ぎに就寝。



本来だったら昼間あまり寝かせないようにして、夜寝るようにしたいところですが、
2日間寝ていなかったこともあるので、今はいつでもどこでも寝てくれれば
うれしいので、まぁ、人間か彼女のシフトに合わせるしかないなぁ、という感じです。

昨日は、結局日中ある程度寝てくれたので、安定剤の投与は見送りました。
今日も日中寝ているので夜飲ませるのはやめようと思います。
離脱が大変にはならないと聞いても、根本治療にはならない安定剤系のものは
よほど寝られなくて身体的にキツイ、というとき以外はあまり使いたくないなぁと
いうのが正直なところです。

とりあえず、人間のメンタル系の先生に知り合いがいるので、相談をしたら、
アミノ酸系のトリプトファンのサプリを動物に飲ませることはある、という話をして
くれました。調べてみたら、確かに動物ものであることがわかり、腎臓にも心臓
にも影響が出ないサプリ(以前アメリカで副作用の事件があったのは、不純物
が多いトリプトファンだったということなので、トリプトファン自体は平気ということ)
らしいので、購入してみることに。トリプトファンは、脳内の穏やかな気持ちや睡眠
に関係するセロトニンやメラトニンという脳内伝達物質の形成に作用するアミノ酸。
ボケに関係なく、老齢になったら飲ませてもいいみたいなので、今夜から使って
みようかなぁ、と思っています。

とは、とにかく鳴いた時には話しかける。かまってあげる。二の次にしないように
注意する、という感じで、在宅中、B.C.が起きているときには、遊ぶことを徹底
中です。夏の終わりからちょっと忙しく、かまってあげているといっても、B.C.
的には不満を抱いていて、それがストレスになっていた可能性もあるので^^
人間の認知症もコミュニケーションが一番大事だということなので^^

しかしながら、金曜日は朝早くから仕事に行かなくちゃいけないし^^;
連休を利用して、自分が夜中寝られる対策も考えねば^^;

今回のことで、またも、"老い"について考えさせられた感じ。
介護って、病気だけじゃないんだなぁ、としみじみ。
猫にいろいろ教わる日々です^^
by boochikurin | 2009-11-18 18:26