目の検診の普及。

c0134727_0304234.jpg

今日は、週に一度の補液DAY。
で、いつものように目のチェックをしてもらったら、今年の頭に発覚した眼底
出血&網膜剥離の跡がすっかりなくなっているということがわかった。



でも、一度網膜剥離が起きてしまうと、網膜が壊れてしまうので、失った視力は
もとには戻らないんだけど。
でも、先生に思い切って聞いてみた。
「もしかして、B.C.の目がひどい網膜剥離になる前に、今飲んでいる薬を飲んで
治療していたら、失明はしなかったってことですよね?」
「〇〇していたらば、という話は今の時点でしても、仕方がないことです。
腎臓や心臓が悪いと血圧に影響するので、目に影響が出る子が多いことは
確か。でも、腎臓の値が出ても、眼底までチェックする先生はほぼいません。
猫の健康診断に目の検査は入っていませんからね。目は、あれ見えなくなった?
と症状が出てから病院に来るケースがほとんどです。でも、本来は腎臓や心臓
が悪かったら、目も診るドクターが増えてほしいですね。でも、目は別に勉強しな
くちゃいけないから、なかなかきちんと診ることができるドクターもいないんです」
と・・・。
B.C.も前の病院で腎臓が悪いのがわかったときに目も診てくれる病院だったら
よかったのかもしれないけど、まぁ、それはもうすぎてしまったことだから仕方ない。
普通はだって診ないんだもの。私も知識がなかったのだし・・・。

でも、もしも腎臓や心臓が悪くて、血圧が高めの猫さんがいたら、「眼底出血や
網膜剥離が起きてないか診てください」とドクターに相談してみることも大事かも
しれないなぁ、と思いました。
早めに治療すれば、視力を失わずに薬でキープすることもできんだなぁ、と
B.C.の経過をみてしみじみ思ってしまったのでした^^

草の根的に、猫の眼底検査を受けましょう! 運動を布教してみようと思います^^
by boochikurin | 2009-10-11 00:43