寒暖差は老猫の敵ね

なんだか最近、メチャ暑かったかと思うと今夜は妙に涼しい。
人間様にとってみれば、この涼しさは気持ちがいいけど、
B.C.にとっては、寒暖差が激しいのは、つらいのかもしれない。

今日は1日、なんとなく調子悪そうに切り株小屋に引きこもり
ぎみ。抱っこして~、とたまに来るので、抱っこすると、少しだけ
前足がピクピクっとしちゃうので、心配症のかあちゃんはまた
少し心配に。
たまに出るのよね、このピクピク君。
土曜日に病院で院長先生に聞いたら「軽い痙攣は猫の場合、
多いのでそんなに気にしなくてもいいかも。原因もさまざまだし。
ただし、ずっと続くとか、しばらくたっても治らないとか激しくなる
って場合は、すぐに病院に連れてきてくださいね」と。
ずっと続いている感じじゃないので、まぁ、気にしないことに。

でも、今夜のように肌寒い日は、ついつい3月末の斜頚事件
が心によぎってしまう。あの日も暖かかった日が続いたかと
思ったら急に寒くなったときに起きたから。
あのとき院長先生が「あくまでもウサギやわんちゃんのケースだけ
ど、季節の変わり目や寒暖差があるときに症状が出ることが多い
んですよね」と言われたのが、かあちゃんの脳裏に残ってしまい、
今夜のような肌寒い日で、B.C.がちびっと静かにしていたり、
ピクピク君が出たりすると、すごーーーーく気になってしまうのでした。
c0134727_23593951.jpg

「別にピクピクなんてしてませんからっ!」って感じにガンをつけられて
しまった・・・^^; しっかり見えていないのに、ガンだけはなぜかしっか
りつける技を持っているB.C.・・・・^^; 元ヤンなのかしら^^;


↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-05-13 00:03