少しだけ介護の息抜き^^

B.C.の目が悪くなってから、今年は泊まりの出張も旅行も控えよう
と決心。
朝晩の投薬もあるから、ペットシッターさんを頼むとしても、1日2回
になってしまうし・・・^^;

そんなこともあり、今年のGWは、お出かけなし! と、決めていた
のですが・・・、友人から「日帰りでさ、山梨の山登りに行こうよ」と
誘われて、心が揺らぐかあちゃん・・・^^;

実は、かあちゃん、2年ぐらい前から山にハマっており、多い時は、
毎週のように登っていた時期も。
でも今年は、3月にB.C.の目が悪くなったので、2月に南アルプス
の雪山にサクッと行ったっきり、友達に誘われても、キャンセル。
しかも、B.C.のことが心配で山に気持ちも向かなかった。

で、今回のお誘い。B.C.の体調もよさそうだし、朝投薬してでかけ
て夜の投薬までには戻ってこれるから、大丈夫と行くことに^^

おかげさまで、B.C.は斜頚が治ってからは、つきっきりの介護状態
からは脱することができたのだし、今から「かあちゃんは好きなこと
も何もしないで、B.C.の介護にすべてをささげるよ!」なんてスタン
スは、もしかしたら、B.C.も窮屈で、互いにストレスがたまってしまう
のかもしれない。いずれB.C.が歳を重ねたとき、日々の介護が必要
になるときも来るかもしれないのだから、そのときまでその気持ち
は温存して、B.C.のケアがおろそかにならない程度に、かあちゃん
も羽を伸ばしてみようと思ったのでした。

1600mちょっと山だったので、メチャ高いってことはなかったんだ
けど、久々の山。B.C.の介護~、なんてことを言い訳に、家にこもっ
て、あまり動かない生活をしていたから、体力が思いっきり落ちてい
て、軽いショックを受けてしまった^^; ただですら重たい身が鉛の
ように重たい・・・^^; 
さらに、高い山ではないのに、激しい岩場の連続。山に登るようにな
って自然と高所恐怖症は克服しつつあるけれど、今回の岩場は整
備されていないから、掴んだ岩がポロリと取れたりして、マジ!
という場面が数回。友達から、以前死亡事故が何度かあったらしい
よ、なんて不吉なことを聞いていた場所だったので、慎重に・・・。
だって、かあちゃんがこんな岩場で滑落したら、B.C.の投薬は誰が
するんじゃぁ!!! 待っているB.C.のためにもかあちゃんは登り
切るぜいぃぃぃ!!! とがんばってきました^^
山頂からは、富士山がきれいに見えて、なかなかよい気分^^
c0134727_1545224.jpg

冬は空気が澄んでいるので、富士山がよく見えるんだけど、春以降
は、ガスってクリアには見えないのです^^; こんなところでも、
季節を感じることができるのでした。

c0134727_15463912.jpg

まだまだ、山桜もきれいに咲いていたりして^^
人も少なくて、秘境っぽい山でなかなか気に入りました^^
でも、8時間も歩き通しだったので、かなり疲れました^^;

帰宅したら、B.C.は、「ちょっと遅くまで何やってんのよ!!!」って
感じで、ニャーニャー文句いいまくりでしたが、遊んであげたら、ご
機嫌回復^^ 逆に、1日放っておいたのが申し訳なくて、いつもより
もたくさん遊んで償いました^^;

にゃんこの介護だけに集中すると、「あれも心配、これも心配」って
モードになりがちのかあちゃんなので、B.C.の体調がいいときには、
サクッと日帰りで山でリフレッシュしてこようと決心したのでした^^
c0134727_15535254.jpg

と、言いつつ、夜中の4時に久々にゲポったB.C.
ひょえええええ!!!と焦ったのですが、ゲポを調べたら、
かなり巨大な猫毛の塊が・・・^^; 毛を吐きたかっただけな
感じのようでした。そのあと、バクバク食っているし^^
夕方から、病院で週1の点滴なので、先生に聞いてこなくちゃ。

↓ポチッとお願いできると幸いです^^
にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活へ
にほんブログ村
by boochikurin | 2009-05-02 15:58