自力ウンコと逃亡!

B.C.が斜頚になってから、私の生活スペースもリビング中心に。
ベッドルームは、B.C.が斜頚状態でベッドの下にもぐりこむと
危険なので、完全クローズ状態に。B.C.介護のために布団を
ベッドルームから運び出し、小さいソファーベッドを寝床にして
おります・・・。しかも、金曜日からはB.C.と添い寝状態。
大半のスペースをB.C.に占領されるため、私は大きな身体を
小さくして、小さいソファーベッドで横になるので、ほぼ不眠・・・。
さすがにネブい~~~。
今まで16年間ずっと添い寝をしてくれなかったB.C.。憧れの
添い寝実現がこのような形で訪れたのだが、うれしい反面、
添い寝はやっぱり疲れるね^^; 過去にメンズに添い寝&腕枕
を強要した経験が何度かあるが^^; 世の中の男子も大変だ
ってことをB.C.介護により知ったのでした^^;わははは^^;

で、今朝7時にB.C.の朝食。またもたっぷりと食べてくれた!!
そのことに安堵したと同時に、急激に睡魔が・・・!!!
気づいたら、10時半まで大爆睡しておりました!!!
で、起きてトイレを観ると、なななななななんと!!!!
コロンと茶色い固形物が!!!! かなり小さく、渇き気味の
物でしたが、親指の先のウンコを2つ!!!
介助なしで自力で、したのね~!!!!とB.C.先生をほめて
あげようと思ったら・・・・いない!!!! 狭いうちのなので、
探すっていってもソファーの下とテーブルの下とかキッチンテー
ブルの下とかなんだけど・・・いない!!!!
ええええ??? なして??? 
ベッドルームのドアを見ると同じ感じでしまっている。
おかしい。どこに行ったんだ???
呼んでも返事はなし・・・焦る!!!
万が一を考え、ベッドルームをチェックすると、い、い、いた!!!!
いつもの定位置のベッドの下の窓際で寝転んでいるではないの!
あんたどうやって、入ったんじゃぁ!!!
たぶん、よろけながらも、においを頼りにベッドルームまで這って
行ったに違いない・・・。
「偉い!!!スゴイ!!!でも、今は逃亡禁止なのだよ、B.C.」
となだめ、リビングに。
いつもと同じ場所で和みたいのよね・・・気持ちはわかるけど、
今の状態だとゴツンゴツンンとぶつかりまくるので非常に危険。
しかしながら、目が見えずとも、身体がきちんと動かなくても、
わかることはわかるんだなぁ、とまたも動物の底力を思い知ったの
でした!!!

逃亡後は、さすがに疲れたのかB.C.は夜まで爆寝。
途中、食事はきちんとし、しっこも介助なしで2回してくれた。
まだ、食事と水飲みが自力では難しい。でも、これぐらいは介助
できるのもまた楽しい、という気持ちになってきている^^

明日は、朝から夕方まで仕事・・・。どうしても休めないので、昼に
いつもお願いしているペットシッターさんに事情を話し、1時間だけ、
顔を出してもらうことにした。大丈夫かな・・・、ちょっと心配だけど、
B.C.がんばれ\^^/

<記録事項>
しっこ 3回/ウンコ親指大2個
食事/kd缶1缶(3回に分けて)、水はシリンジで2.5ml×6回
薬/朝・降圧剤、抗けいれん剤、胃酸抑制剤 
   夜・降圧剤、抗けいれん剤
c0134727_010265.jpg

まだ、歩くと思いっきり斜頚っていますが、箱座り姿勢では斜頚角度
はかなり緩和・・・。目の瞳孔の大きさが左右違うのがこの写真だと
よくわかる。今回問題になっているのは、瞳孔が収縮している右目。
異常収縮が起きているのが、斜頚に何らかの影響を及ぼした模様。

by boochikurin | 2009-03-30 00:11 | B.C.